fc2ブログ

If you are living as dead.

Just was hard.

The dream had been lost if the care.

Myself even lost, Who or even ambiguous.

Who are you that disappeared that day?

The wonder if good to be alive.

I had somehow thought.

I and he does not need in this world.

And let die because ask.

And because it's a pain alive.

Alone I'm already unpleasant.

I continue to kill me in a bad habit.

You are not can only be hurt.
スポンサーサイト



感情なんて ほとんど残されてはいない 壊された頃から

笑うことすら 難しくなっていった ただ憎んでいた

残ったのは 負の感情ぐらいで 理由が欲しかった

現実を見ることさえ 苦痛になった 羨ましかったのだろうか

何も見えないままでいたなら まだ楽だったのかもしれない 何も無い自分は

冷たい部屋で独り 遠回りな自殺をはじめようと思った 誰も困りはしないだろうから

結局は未遂に終わるけど 納得して

凍えて氷のようになって 何処かへと 消えたかったのかな 

I wanted would be crazy to not understand me.

In broken world.

The captured area also gone shall seek or its residue.

It also think disappear as fog and haze go scattered.

Enough to those who can not see no need also be seen is I think still was good.

Does not return to the original even sorrow a dirty world.

Because I know that he's equal and it is not that there is.

Anyone because he does not like help to lead you nowhere even struggle alone in the dark that does not feel on light.

Or Let's break.

To unreasonable and absurd.

And all the things that have been ruined in the guys that laughed.

Without even knowing that harbor murderous intent behind the false smile even laughing as clown fool

Or become a victim.

What is probably the think is decorated in fresh blood.

Just blood pools and the corpse was continued to increase.

途絶えてしまいそうな言の葉は 風に掻き消され
 
想像さえも浸蝕していく毒の中で 足掻いてもどうにもならない と諦めかけていた

歪んだ時空 傷だらけの古巣 見ていられないからと目を背けた 弱いから

矛盾した文章のページを見て 何を思う

狂った世界は 壊れたオルゴールのようで 音を立てていつかは そっと触れただけで すぐに崩れてしまうのでしょう

爪を立て手を握り締める 傷口から血が出ても 痛みも気にせずにいた 己が憎いから

聞こえないぐらいの声が 縋る様な祈るような 透明な響きを残していった

後も先もたいして変わらないのだと 知ったふりして 冷めた目で上から眺めてた

寂しくて怯えて 耐えることしか出来なかったから

狂気を孕んだ社会で 救われた気がした

Also dachte ich, ich würde gerne noch ein wenig zu unterstützen.

蜘蛛の巣にかかり 身動きもとれぬまま

蝶は己の非力さを 嘆いたのか

喰われれば 恨みを抱いて 闇に染まりゆくのでしょう

業火に焼かれても 残るものは あるのだろうか

遠い日を思い出す

真夏の暑い よく晴れた日のように